WEBマーケティングとは?

ウェブマーケティングとは、顧客獲得や売上増加といったマーケティングゴールのために、Webを使って様々な販促活動、プロモーションを行うことの総称です。

ウェブマーケティングの代名詞といえるマーケティング手法も、時代と共に変化してきました。その昔は、バナー広告、Eメールマーケティングといったもので、ここ10年くらいは、検索エンジンマーケティングが大いに活用されてきました。
またSNSの利用者が大きく伸びてきたことで、SMM(ソーシャルメディアマーケティング)(日本ではSNSマーケティング)もすっかりメジャーになり、それと相性が非常に良いバイラル(日本ではバズ)マーケティングなどが、今正に注目を浴びています。

今、なぜあらためてWEBマーケティングなのか?

「WEBマーケティング」と一言でいっても人によってイメージするものが異なります。「ちゃんとできていないんだよね」という人もいれば「何をいまさら」という方もいます。

しかし、実はWEBマーケティングこそこれから重要になるキーワードなのです。その理由を3点ほど紹介します。

(1)ネット市場は確実に伸びている

ここまで確実に成長が見込まれる市場はありません。インターネットに関するほとんどの市場で毎年20%以上の成長率を記録しています。ますます期待される市場において、現状の対策で十分でしょうか?

(2)医院経営をする上で対応必須なチャネルになる。

従来のチャネルが横ばい、下降していく中でシェアを伸ばすインターネット市場。これからのメインチャネルは間違いなくインターネットです。この点においては議論の余地はないと思います。その中で、企業にとってWEBの果たす役割はとても大きく、かつ重要な手段となります。

(3)消費者は想像以上にWEBサイトを見て意思決定している。

消費者が意思決定する上で、WEBサイトはとても重要な役割を果たしています。これは皆さんが想像している以上にWEBサイトの情報を信用しているということです。言い換えれば適切な情報が提供されていないサイトは、知らないうちに信頼を失っている可能性があります。

このように誰の目から見ても確実に広がる市場の中でWEBサイトを活用しないことは最大の損失です。そして、見よう見まねで施策を進めていくことは大変非効率といえます。

もし、この成長市場で最高の効果が得られるとしたら。

まだまだ現状は、この市場の伸びをその恩恵を得ている企業は少ないように思われます。もし、この成長市場で最高の効果が得られるとしたらどうでしょうか?

私たちドクターズクラブは、この市場成長の恩恵を享受するべく体系的、戦略的に計画を立てご協力できるものと信じております。

この機会にご一考いただければと存じます。