コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方です。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とします。

適切なコンテンツを作成し、見込み客を認知から購買に導くためには、「誰に」、「何を」、「どういう順番で伝えるか」を決める必要がります。

「誰に伝えるのか」

コミュニケーションで最も重要なのは誰に伝えるのかを明確にすることです。伝える相手が違えば、伝える内容も伝え方も異なるからでです。コンテンツマーケティングでは、誰に伝えるのかを明確にするために、まずペルソナを設定します。

「何を伝えるのか」

伝える相手が明確になれば、伝える内容も明らかになってくきます。設定したペルソナ別に、どんな情報があれば惹きつけることができるのかを検討します。但し、見込み患者視点だけでは、来院につながらない可能性もあります。病院・クリニックとして伝えたいことが伝達できているかも確認する必要がります。つまりペルソナ視点と病院・クリニック視点の2つの視点で何を伝えるのかを決める必要がります。

「どういう順番で伝えるのか」

「誰に」、「何を」が明確になったら、必要な情報を漏れなく伝えるために、どういう順番で伝えるのかを設計する必要がり、伝える相手によって適切な媒体を選ぶことも重要です。

ホームページを所有する目的は何か?(必要な情報を知る)

エリア内外の新患を増やすのか?すでに患者になられている方に情報を発信するのか?等いろいろと目的は考えられます。ホームページを作成する際はこの目的がブレるとなかなか集患に繋がりませんのでよく考えて下さい。患者(見込みも含めた)が知りたいことを整理し知りたいことの優先順位をつけます。知りたいことを調べて、考えていくとたくさんの知りたいことが明確になってくると思います。

患者が医療機関のホームページに望む情報として以下のことがあげられます。

  • 医師の技量・人柄
  • 診療方針と写真:(院長の挨拶文、表情)
  • 医師の経験:経歴(具体的内容)
  • 主訴への見解:医療機器の有無、経験の有無、治療法など
  • 医療時事情報:「医院からのお知らせ」や「話題の医療情報の解説」
  • 平均待ち時間:診療時間と一人当たりの平均診療時間、混雑の曜日や時間
  • 交通アクセス:駐車場の台数や最寄駅からの地図
  • 医院の雰囲:スタッフ写真、院内写真、ホームページの雰囲気、等
  • 危機管理体制:病診連携、診診連携の有無等

医院・クリニックのホームページには病院の顔である「院長」の実績、人柄などが重要です。次に立地、内装機器類、診療科特性などを考え他院・クリニックと差別化します。病院・クリニックのイメージカラーや、打ち出したい特徴なども必要です。

上記の情報を元に患者様のターゲティングを徹底することが最も大切なポイントです。診療科特性と患者層によって「読みやすさ」「使いやすさ」は変わって来ます。

病院・クリニックのホームページは誰をターゲットとするのか?(ペルソナ設定)

ホームページを見てもらいたいのは20代のOLですか?30代~50代の主婦ですか?高齢者ですか?ターゲティングは専門科、地域特性、アクセス、診療方針、現在の主な患者層、すべての状況によって異なりますが、大切なのは今の患者層の増大だけではないということです。

ここで仮想の来院してほしい患者を作ってみます(ペルソナ)。年齢、性別、居住地、職業、趣味、好きなアイドル等を含めた特定の人物です。その仮想の人物をモデルにどのようにすればその人物がホームページを通して来院に繋がるかを考えて見ます。

*ペルソナとは、セグメンテーショングループを代表する一人の人物象を詳細に記述したものだ。見込客を群で捉えるのではなく、ある特定の一人にまで人物像を絞り込んで考える。一人だけに絞り込むことで、ユーザーの抱えている困り事や問題がイメージしやすくなり、それを解決するためのメッセージ戦略やアプローチ方法が設計しやすくなります。 *セグメンテーション:多様な要素から構成される市場を、自社の製品やサービスに最も適したターゲットグループ市場に細分化し、ここにマーケティング・ミックスを集中することで、より深度の深いコミュニケーションを確立することができます。

仮想で作ったペルソナに合わせた病院・クリニックの長所を明確にする

仮想的に作り上げたペルソナが訪院したくなるような病院・クリニックの長所を考えます。ホームページではその長所をトップページで見つけやすい箇所に表示するようにします。長所や何が診断できるかを分かるようにし、その強みを細かく分かりやすく書くことで安心してもらうことができます。

ホームページ製作、リスティング広告、紙媒体/デザイン制作について
お気軽にお問合わせ下さい。

お問合せはこちら