リスティング広告

私たちがWebで調べ物をしたり、欲しいものを探したりする際には、必ずと言っていいほど検索エンジンを利用します。また、Web上にはニュースサイトや個人のブログなど、Webサイトが膨大に存在します。その検索結果や膨大にあるWebサイト上に広告を出すことができるのが「リスティング広告」です。
リスティング広告には、Yahoo!japanやGoogleのような検索エンジンの、検索結果にテキスト広告を表示する「検索連動型広告」とWebサイトにテキストやバナー広告を表示する「コンテンツ連動型広告」があります。

リスティング広告(検索連動型広告)のメリット

クリックされるまで広告費がかからない

リスティング広告は以前からの広告のように表示されるだけで広告費が取られることはありません。広告のリンクがクリックされて始めて費用が発生します。

即時性が高い

検索エンジン対策(SEO)では、特定のキーワードで結果(上位表示)を出すためには時間がかかります。リスティング広告ではクレジットを支払い、広告の審査が通ればすぐに広告がスタートします。

欲しいユーザー層にピンポイントに出稿できる

検索エンジンに連動して広告を出稿するため、そのキーワードで検索したユーザーの目に留まり安くなります。例えば「神戸市中央区で整形外科を探している」人であれば 「神戸市中央区 整形外科」というキーワードで検索するでしょう。神戸市中央区の整形外科のホームページであれば、こういったキーワードを使うことによって、ピンポイントでユーザーに広告を出すことができます。

低予算から広告がはじめることが可能

一日の上限予算や、広告をクリックされたときの上限金額を決めることができます。これにより、定額の予算からでもリスティング広告をはじめることが可能です。

広告の結果を分析できる

リスティング広告は、どのようなキーワードの広告からどのくらいの売り上げや問い合わせに繋がったかなど、広告の成果を細かく調べて買い善に繋げることが可能です。

通常の検索結果よりも上の位置に表示される

キーワードによって異なりますが、リスティング広告は上位1位~4位に表示されると通常の検索結果よりも上の位置に表示されます。

Google AdwordsとYahoo!プロモーション広告

国内の主要なリスティング広告のシステムは、Google AdwordsとYahoo!プロモーション広告の2つに絞られます。扱う広告の種類にもよりますが、「検索連動型広告」に関しては両方とも同じようなシステムです。

Yahoo!プロモーション広告【国内シェア第1位】

Yahoo! JAPANをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。国内No.1のページビューを誇り、国内の検索エンジンの6割近くを占めます。掲載サイト: Yahoo! JAPAN、Live Search、日経ネット、フレッシュアイ、エキサイト、オールアバウトなど

Google AdWords【世界シェアNo.1】

Googleをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。利用者数は世界NO.1、国内ではYahoo!に続き第2位です。国内の検索エンジンの3割近くを占めます。掲載サイト: Google、goo、@nifty、BIGLOBE、AU one、Thchnorati、ライブドア、LUNASCAPE、Hatend、Aladdinなど

リスティング広告におけるディバイス別の割合

スマートフォンの普及により検索における利用ディバイスの割合がスマートフォンが6に対してPCが3、タブレットが1という対比になってきています。この状況を見る限りスマートフォンを中心とした広告戦略を考える必要があります。

ホームページ製作、リスティング広告、紙媒体/デザイン制作について
お気軽にお問合わせ下さい。

お問合せはこちら